警備員

授業を真剣に受けてたらいつの間にか周りに誰もいなくなっていました。
知り合いが一人もいないという居心地の良さが仇になってしまった!

書き上げたコメントシートは滲んでるし警備員さんに起こされるし何より寒いし!
さすがに虚しくなってトボトボと教室を後にしました。外はもっと寒かった。

気を紛らわしに喫煙所に入ると、僕を起こしてくれた警備員さんが後から入ってきました。
軽い挨拶と起こしてくれたお礼を改めてすると

「冬休みはいつからですか?」

正直聞かれた瞬間は、もしかして学外の人と思われてるのかな…なんて邪推してしまいました。悪いクセだ。
そのくせ、地元はどこだ?年末は帰省するのか?と聞かれると、楽しみにしていたこともあって素直に答えてしまうという。アマい。

その後もなんだかんだで話し続け、彼は自分の一本を吸い終わったところで先に出て行きました。


オサケノミテー!!!


昔からオジサンたちと話すのは得意な方だと思っています。
それは自分の趣味趣向がオジサンっぽいからか、それとも同年代の知人に比べて自分の親父が一回りほど年上だったからか。
親父とはあまり喋ってこなかったので前者なのかもしれません。

でも、喋らないこと、お互いの沈黙を尊重すること…とまで言うと大それた考えのように聞こえますが、相手のペースに合わせるのが得意だったような気もします。
特に目上の人と話す時は自分からはあまり喋らなくなるタイプでした。
向こうから聞かれたことに答えるか向こうが話してくれたことに対して相槌を打つ程度だったような気がします。

今となっては調子に乗っているのか自分からもよく話しますが、最近は信頼してる人以外には例えどんな関係でもプライベートなことは極力話さないようにしています(警備員さんは信頼しちゃったんだな〜)

それは自分を含む人間の口を信頼しきれないというのももちろんありますし、何より黙って何かをやり通す方が僕の中ではカッコイイと思うからです。

こういうことを言うと「昭和臭い」みたいな揶揄が聞こえてきそうですけど、昭和臭い親父の息子だから仕様がないんです。

そんな親父と年明けに飲もうと思っています。
もちろんサシで。
話すことはザックリとしか決めていませんが、お互いそっちの方が落ち着いて話せるんじゃないかな…

そしてダラダラと書いていたら約一年ぶりに実家から仕送りが届きました。
基本的に強がりなんで本当に困った時しか頼まないんですよ。

でも仕送りでもなんでも大事なものは、たま〜にくらいがちょうどいいと思います。

夏の逆襲

f:id:de-stijl:20151023053117p:image

夏に生まれた僕は昔から夏が大好きです。
思う存分に謳歌した季節が過ぎて秋めいてきた頃になると、いつも気が抜けて思わぬことにつまずきます。

今年は思い切り遊べる最後の夏だったということもあり、楽しみすぎた分その揺り返しも大きかったです。

去年は携帯が壊れ財布をなくしバイト先の店長に怒られとグダグダでしたが、今年もほとんど同じような状態になってしまいました。

だけど幸いなことに、浮き立っている自分を諭してくれる先輩や友人が僕にはいます。

そんな大事な人たちのおかげで今回は大ゴケする前に軌道修正することができました。

あの夏を越えるくらい

地に足つけて立ち止まらずに歩き続けます。

夏休み

f:id:de-stijl:20150831230350j:image

気づけばひと月以上更新していませんでした。
まあ無理にするもんじゃないし別にいいや。

8月の頭から夏休みに入って色々ありました。
卒業されて遠くで働いてる先輩と飲んだり、帰省して家族や旧友に会ったり、サークルの合宿で海に行ったり、別のサークルでは海を跨いで演奏してきたり。
他にも沢山あってそのたびにお金が吹っ飛んでいます。

その途中でまたひとつ歳を重ねました。
小学生の頃は、誕生日が夏休みの最中にあると学校のみんなに祝ってもらえなくて寂しいみたいな不満を抱いていたのを覚えています。

晩夏に産まれた僕は、今までの年齢とお別れをしたことや大好きな夏がもうすぐ終わってしまう切なさみたいたのがごっちゃになって、この時期はいつもモヤモヤしている気がします。
今こうやってダラダラと書いているのも、それを紛らわそうとしているのかもしれません。

3年目にして思うことは
大学の夏休みは長すぎる。

すでに書いたように8月のうちに多くのイベントを消化してしまったので、これからの1カ月間どうやって過ごそうかと少し悩んでいます。
そんなことを言いながらも、すでに決まっている予定、やりたいこと、そして何よりやらないといけないことは沢山あるので、いざ9月を迎えると悩んでいる暇もなくあっという間に終わるんだろうな〜。

話は変わりますが、将来のためにある勉強をしています。一応。
今まで遊び呆けてきましたが、さすがにそろそろ本腰をいれないとマズいです。
周りは早い段階で入れてます。
明日から新しい分野に突入するので今日を節目にちゃんとやらなきゃ。

勉強とは別件で明日は早起きしないといけません。
気合い入れて寝よ。

てんてん

f:id:de-stijl:20150709234614j:image

というお店でてんぷらを食べてきました。
たまにしか食べられないのでワクワクしっぱなしでしたね。

おいしいビールと日本酒も飲めたので本当に満足です。
値段もそんなに高くないので是非また行こうと思います。

やっぱりいいお酒と料理を堪能すると幸せな気持ちになれるのでいいですね〜。

あとは温泉に行きたいです。温泉。
今月中に絶対に行こう。

エネルギー

ガがうちに入り込んでしまったようです。

ここがお前の墓場だ、もっといいとこを選べばよかったな…とか思いながらティッシュ片手に捕まえようとしたのですが、見失ってしまいました。

どうせ短い命ですし勝手に死なせることにしました。
気になって眠れないから少し不愉快ですけど。

そういえば前に、ガは一生のうちに使えるエネルギーが生まれながらにして決まっているという話を先輩から聞きました。

だからその貴重なエネルギーを浪費しないように、普段はちょっとやそっとのことじゃ動じずに壁に張り付いてじっとしているんだそうです。(じゃあなんでさっき飛んでたんだよ)

ちょっとかっこいいですよね。

エネルギーといえば、人間は食べ物を消化するのに莫大なエネルギーを使うそうです。

だからと言って何も食べなきゃ死んじゃうので、どうせ消化しなきゃいけないなら美味しいものを食べてそれを消化した方がいいなと思うんです。
なので僕は日頃からなるべく美味しいものを食べるよう心がけています。

幸いこの町には美味しいお店がたくさんあるので、なかなかにグルメな日々を送れています。
お金はバカみたいにかかりますが。
おかげで今も金欠状態です。

ガのごとく、無駄遣いせずにじっと給料日を待つことにします。